ブライダルの仕事

ウェディングプランナー・ブライダルの仕事 フラワーコーディネーター 全国 の求人検索結果

職種・エリアを絞る

3件の求人が見つかりました

ページの先頭へ戻る

フラワーコーディネーターとは

ブライダルフラワーコーディネーターは、結婚式における花のコーディネートに責任を持つスペシャリストです。チャペルやパーティー会場、ラウンジに花を飾ったり、ブーケやブートニア、花飾りなど、花で結婚式を美しく彩ることが仕事です。新郎新婦やウェディングプランナーとの打ち合わせから、花を使った装飾プランの作成、花の仕入れや手入れ、花束の制作など、担当する業務は様々。植物に関する幅広い知識はもちろん、デザインセンス、クライアントの希望を聞き出すヒアリング能力が必要とされる仕事です。

フラワーコーディネーターの仕事で身につくスキル

ブライダルフラワーコーディネーターの仕事で身につくスキルとして、コミュニケーション力をあげられます。新郎新婦の予算、どんな雰囲気にしたいのか、どの花や色を使いたいのかなど希望をしっかりと汲み取ることが不可欠です。もちろん、ただ新郎新婦の希望を叶えるだけでなく、花のプロとしてのアドバイスをしたり、提案するスキルも必要となります。また、形、色、サイズなど多数の種類がある花のなかから各々の特性を把握し、生かすことは色彩感覚や美的センスが問われます。普段から文化芸能に親しんだり、他のフラワーコーディネーターが制作したものをチェックするなどセンスを磨くよう心がけましょう。

フラワーコーディネーターになるには

フラワーコーディネーターになるために必要な学歴や資格はありませんが、花屋や園芸ショップ、結婚式場やデザイン会社などに就職することで、フラワーコーディネーターとして働くことができます。就職前に知識を身につけたい場合は、植物や園芸に関して学べる専門学校に通ったり「フラワーコーディネート」の通信講座を受けたりして勉強するとよいでしょう。

フラワーコーディネーターの求人について

フラワーコーディネーターの採用は、正社員以外にも契約社員やアルバイト・パート、業務委託などが多い傾向にあります。比較的経験者を募集する企業が多いため、未経験であれば花屋かブラダイル企業のアルバイト求人からチャレンジすることをお勧めします。

都道府県から探す