THE BODY SHOP ザボディショップ

『THE BODY SHOP(ザディショップ)』は自然の原料をベースにしたイギリス生まれの自然派化粧品・コスメ。ボディバターをはじめとしたバス&ボディケアやフェイスケア、ヘアケア、メイクアップなどのトータルボディケアブランドとして世界的に知られている。創業者アニータ・ロディックが自宅のキッチンで25種類の化粧品を手作りしたのがブランドの始まり。動物実験反対やフェアトレード、環境保護、人権保護などの活動も盛んに行っている。社会貢献を重んじる企業としても知られる。
2020年11月にロゴマークを刷新し、ブランド表記も「ザ・ボディショップ」から「ザボディショップ」に変更した。

◆THE BODY SHOP(ザディショップ)の求人傾向
2021年7月現在、オープニングスタッフ募集中。新コンセプトストアでの募集や、店長・副店長募集など様々!
チェックしておきましょう!

THE BODY SHOP (ザボディショップ) で募集中の求人

愛知、岐阜、三重、岡山、福島、群馬、静岡、県内店舗

美容部員・BA/店長・副店長候補募集/賞与あり/経験者優遇/連続休暇あり

月給19万円 ~

THE BODY SHOP (ザボディショップ) のブランド情報

  • 本国ではイソップなどと同じナチュラ&Coグループ
    本国ではイソップなどと同じナチュラ&Coグループ
    「企業には世界を良くする力がある」という理念の下、1976年に英国ブライトンでアニータ・ロディックによって創業。この信念は今もブランドの原動力になっており、エシカルかつサステナブルな製造方法で作られた高品質でナチュラルなスキンケア、ボディケア、ヘアケア、メイクアップを展開している。
    2017年に本国のザボディショップは、環境にやさしい持続可能な製品や活動を展開するブラジル・サンパウロ発のアマゾンの植物などを原料にした化粧品「ナチュラ・コスメティコ」を持つ化粧品企業『Natura &Co』の子会社になった。本国のグループにはザボディショップの他に、「イソップ」「エイボン」などがある。
    もっとみる
  • ザボディショップの『アニータ・ロディック デー』
    ザボディショップの『アニータ・ロディック デー』
    『企業は環境保護など社会的な貢献とビジネスとを両立すべきだ』という彼女の経営理念は、今もなお世界中で共感を呼んでいる。ビジネス・ウーマン・オブ・ザ・イヤー(1984)をはじめ、OBE大英帝国勲章(1988)、国連環境賞(1997)、DBE女勲爵士(2003)等数々の受賞歴をもつ。
    またボディショップでは、創業者アニータの誕生日である10月23日を毎年「アニータ・ロディック デー」とし、全世界のスタッフが地域に根ざした活動を強化する日になっている。日本においては西日本豪雨災害募金、九州北部豪雨災害、関東・東北地区集中豪雨被害などをはじめ東日本大震災復興支援などの活動を行った。
    もっとみる
  • ザボディショップを代表する「ボディバター」
    ザボディショップを代表する「ボディバター」
    「バターのようなテクスチャーの保湿クリームがほしい」という創業者アニータの提案で作られたのが、1995年の発売以来ザボディショップを代表する人気アイテムになった「ボディバター」。シアバターやココアバターなどのコミュニティトレードで調達した天然成分が使用されており、ほとんどのボディバターに配合しているシアバターはアフリカで古くから「生命の木」と呼ばれ高保湿で肌に潤いを与えながらやわらかく整える効果がある。
    「ボディバター」はストロベリーやマンゴーなどの幅広い香りと、ドライ、ベリードライ、ノーマル~ドライなど肌タイプに合わせて選べる豊富なラインナップになっている。
    もっとみる
自分に合うブランドわかる!転職のプロによる転職相談へ