innisfree(イニスフリー) イニスフリー

韓国の大手化粧品メーカー『アモーレパシフィック』が展開する、済州(チェジュ)島の自然の恵みをたっぷり含み、健康的な美を追求する自然派コスメブランド。ブランド名『イニスフリー』は、ウィリアム・バトラー・イェイツの詩「innisfree」に由来し、「肌に休息を与える島」を意味している。
環境にもやさしい商品を追求し、”エコグリーンライフ”を通じて自然を守る活動を推進中。こういった取り組みに共感してくれる自然派の方を歓迎している。
2017年現在、世界11か国に約1,600店舗を展開。2018年3月には、日本にも初出店。今後も世界にぞくぞく展開予定。

■『innisfree(イニスフリー)』の求人傾向
ブランドを日本さらには世界に広げるべく、新規出店に積極的な『innisfree』。アットコスメキャリアでもオープニングスタッフを募集することが多いので、新店OPENの際は要チェック!

innisfree(イニスフリー) (イニスフリー) で募集中の求人

恵比寿

通販・ECサイト運営/ECマネージャー

月給40万円 ~

恵比寿

化粧品業界の教育担当・トレーナー/トレーナー

月給33万円 ~

innisfree(イニスフリー) (イニスフリー) のブランド情報

  • 『innisfree』の代表商品
    『innisfree』の代表商品
    スキンケアからベースメイク、ポイントメイク、ボディ・メンズ製品まで幅広く展開する『innisfree』。中でも、ベストセラー・「グリーンティー」シリーズは世界中で愛されている人気アイテム。
    2,041品種もの中から選び抜かれたチェジュ島産オリジナル美容茶葉をふんだんに使ったスキンケアラインで、独自の製法で抽出した16種類のアミノ酸を含んだ茶葉エキスが肌に潤いを与え、理想的な水分バランスへと導いてくれる。
    もっとみる
  • 『innisfree』出店状況
    『innisfree』出店状況
    2020年6月現在、日本国内では、表参道本店、原宿竹下通り店、SHIBUYA109店、ルミネエスト新宿店、池袋サンシャインシティ アルパ店、錦糸町PARCO店、横浜ジョイナス店、名古屋PARCO店、名古屋ゲートタワーモール店、梅田EST店、天王寺MIO店、ルクア大阪店、アミュエスト博多店、札幌PASEO店の14店舗を展開。続々と新店をOPENしており、今後ますます販路を拡大していく予定!
    もっとみる
  • 性別・年齢関係なくフランクに立ち寄りやすい店舗★
    性別・年齢関係なくフランクに立ち寄りやすい店舗★
    店内は広く、ゆったり快適にお買い物ができる空間。製品を自由に手に取って実際に香りやテクスチャーを試すことができる。メンズ・ベビーケアラインも充実しており、韓国ではご家族でご来店されるお客様も多いんだとか。フランクに立ち寄りやすい店舗づくりを目指している。
    もっとみる

innisfree(イニスフリー) (イニスフリー) の関連記事

自分に合うブランドわかる!転職のプロによる転職相談へ