美容業界の転職のプロによるLINEでの個別面談やってます!美容部員の転職相談はこちら 未経験から美容部員を始めるなら! LINEはじめました 友だち登録でお役立ち情報をお届けします!

Pickup Brand

  • スリー THREEの求人の写真
  • アールエムケー RMKの求人の写真
  • フルーツギャザリング Fruit Gatheringの求人の写真
  • ノエビア NOEVIRの求人の写真
  • ハーバー HABAの求人の写真
  • シスレー sisleyの求人の写真

美容部員・接客販売の仕事 美容師 全国 の求人検索結果

職種・エリアを絞る

0件の求人が見つかりました

ページの先頭へ戻る

あなたにピッタリのお仕事は非公開求人にあります!

美容師とは

お客様のヘアカットやスタイリングを行う美容師の仕事。美容サロン業界のなかでも最も就業人口が多く、求人ニーズも非常に高い仕事です。 一般的に、入社後数年間はアシスタントとしてスタイリストの補佐業務をしながら、店内の清掃、受付業務、シャンプーなどを担当する場合がほとんど。時間をかけて技術を学んでスタイリストデビューを目指していきます。スタイリストになった後は、技術力を磨いていくと同時に担当のお客様を増やし、最終的にはトップスタイリストを目指します。長期的な勤務が前提になりますので、就職先ヘアサロン選びのポイントとしては一緒に働くオーナーや先輩スタッフと価値観や人間性が合うかどうかを重視する方が多いようです。

美容師の仕事で身につくスキル

研修・教育体制はヘアサロンによりますが、基本的に閉店前後の時間などに研修が行われます。スタイリストになったあとでも、最新技術、パーマ・カラー剤、シャンプー、スタイリング剤など常に新しい知識を吸収していく姿勢が必要です。対応できるメニューが多いほどたくさんのニーズに応えられますので、カラー、パーマ、ヘアセット、エクステなどのヘアメニューに限らず、メイクやネイル、着付けなどを学ばれる方も多いようです。こういった新しい技術習得に対して、講習費や受験料を負担したりバックアップする制度を設けているサロンも増えてきています。

美容師になるには

美容師になるには、美容師免許が必要です。免許を持っていなければ、シャンプーも含めて施術は一切することができません。美容師を目指す方は、美容専門学校の卒業と国家試験合格をまず最初に目指す必要があります。そのほか就職を有利にする資格として、ネイルやまつ毛エクステンションなど幅広い技術を持っていることが証明できる資格があるとなお良いでしょう。

美容師の求人について

美容師は、他の美容の仕事に比べて、比較的転職が盛んな業界ですので、複数のサロンで仕事を経験するというのもひとつの手です。経験者の転職活動の場合は、技術力や経験によって待遇が大きく変わってきますので、制作実績やモデル写真を自己PR材料として提出すると良いでしょう。 また、美容師に限らず美容師免許が活かせる仕事としてヘアメイクやアイリストに転向するというケースもあり、ヘアサロン以外にもたくさん活躍の場があります。

都道府県から探す