OSAJI(オサジ) オサジ

江戸時代、大名や将軍に仕える医師を、匙を使って薬を調合するすがたになぞらえ「お匙(おさじ)」と呼びました。 皮膚が体の免疫を司る重要な器官と考えられる今、スキンケアの役割は美容のためだけのものにとどまりません。 『OSAJI』は健やかで美しい皮膚を保つためのライフスタイルをデザインする、現代の「お匙」でありたいと考えます

OSAJI(オサジ) (オサジ) で募集中の求人

現在、OSAJI(オサジ) (オサジ) での募集はありません。
募集開始時に通知を受けるには、募集開始お知らせを登録してください。

募集開始お知らせ

OSAJI(オサジ) (オサジ) のブランド情報

  • 「OSAJI」の特徴
    「OSAJI」の特徴
    日東電化工業は、1950年に創業した金属の「防食めっき加工」のパイオニアです。金属表面に錆びない皮膜を施す表面処理技術は、多くの自動車や電化製品の部品に採用され、日本のものづくり技術の一端を担ってきました。長年培った化学の知識と技術を活かし、2004年にはヘルスケア事業部を設立。温泉に含まれるミネラルの美肌効果の研究から生まれたスキンケアシリーズ「nesno」や、皮膚科学の研究から生まれた国産オーガニックコスメ「OSAJI」など、従来の枠と発想にとらわれない幅広い化粧品の研究開発を行っています。
    もっとみる
  • OSAJIの想い
    OSAJIの想い
    コンセプトは「皮膚科学から学んだ安心安全なオーガニックコスメ」。皮膚の構造や機能、そして、皮膚はどのようにして健康と美しさを保つのか。その一つひとつに真摯に向き合い、国産の植物原料や植物由来原料を使用するとともに、アレルギーに対してリスクのある成分は極力入れないようにしています。
    もっとみる
  • 大切な人が、一生涯使い続けられるものを。
    大切な人が、一生涯使い続けられるものを。
    開発のきっかけは、開発者・茂田の母でした。交通事故による精神的ストレスから皮膚疾患を発症。それまで愛用していた植物由来の化粧品を使うことができなくなりました。「食べて安全なものは皮膚にも安全」と考えていた茂田は大きな疑問を抱き、真に安全な化粧品を目指して開発を始めました。開発責任者である茂田正和は、叔父である東北大学皮膚科 相場節也教授を師事し、皮膚学を学びました。日本皮膚科学会など数々の学会に所属し、常に皮膚科医療の最前線情報をキャッチアップするとともに、自社の研究成果についても毎年皮膚科学会で発表をしています。
    もっとみる
年収アップの方法教えます!転職のプロに相談しよう