SHIRO(シロ) シロ

「自分たちが毎日使いたいものを作る」という思いのもと北海道でスタートしたSHIRO。
良質な自然のエッセンスを凝縮したスキンケアと、スキンケアしながら色で遊ぶメイクアップ。使うことで本来のリラックスした気分が蘇り、心地よい時間と笑顔が生まれるフレグランスやホームケアを作っている。
素材から肌に良い効果を与えるエキスの濃さにもこだわり、独自の手法でものづくりと向き合っている。毎日使いたいものを作るという信念のもと作られた商品をスタッフ自身が日々使い、その効果を実感しているからこそお客様へ伝えられる魅力があると考えている。

■SHIROの求人傾向
新店オープンのためのオープニングスタッフ募集の際や、欠員がでた際に求人が掲載される。(2020年情報)

SHIRO(シロ) (シロ) で募集中の求人

現在、SHIRO(シロ) (シロ) での募集はありません。
募集開始時に通知を受けるには、募集開始お知らせを登録してください。

募集開始お知らせ

SHIRO(シロ) (シロ) のブランド情報

  • SHIROが求めるビューティーアドバイザー
    SHIROが求めるビューティーアドバイザー
    ブランドの主役は店舗で最前線にたつビューティーアドバイザー。
    そのためSHIROでは、化粧品というプロダクトを通じてお客様をキレイに輝かせ、SHIROというブランドを通じて仕事の楽しさを味わい、より美しく意思がある人になってほしいと考えている。
    真の美しさと強さは自分自身の中にあるという理念の下、自分が身につけるものは自分で選択すること、自分の美しさを自分で決めること、全ての人の美しさを生み出し育むこと、生産者も消費者も互いに尊敬し純粋に誠実であること、誰からも型にはめられることなく自由であることが求められる。
    もっとみる
  • SHIROのブランドコンセプト・リブランディング
    SHIROのブランドコンセプト・リブランディング
    「厳しい自然が育んだ、素材の力を最大限に引き出すこと。世界中から見つけ出した、最高の素材を惜しみなく贅沢に、余計なものをできるだけ入れずに作る」を信念に素材と向き合い、自分たち自身が本当に使いたいと思えるものだけを作ることを続けている。

    ブランド創設から10年を控えた2019年秋に、グローバルに展開するラグジュアリーなブランドを目指すためリブランディング。ブランドロゴは小文字の「shiro」から大文字の「SHIRO」へ、容器やショッパーが黒へと変わりスタイリッシュで都会的な印象になった。
    もっとみる
  • SHIROの商品ラインナップ
    SHIROの商品ラインナップ
    強いとろみで保水力の高い「がごめ昆布」や、お米の恵みがつまった「酒かす」など、素材の力を最大限引き出したスキンケアアイテムや、スキンケアと同じ発想でつくるメイクアップアイテムはナチュラルにとどまらない多彩なカラーでストレスフリーと話題。ファブリックソフナー、ルームフレグランスなどホームケアアイテムや、フレグランス、ハンドケア、 SHIRO LIFE(シロ ライフ)と呼ばれる食品などの扱いもある。
    もっとみる
  • SHIROの人気アイテム
    SHIROの人気アイテム
    透明感のある自然な石けんの香りの「サボン オードパルファン」や、ジンジャーが香りプランパー効果でふっくら魅力的な唇にしてくれる、リップクリームとグロスと口紅の要素を兼ね備えた「ジンジャーリップスティック」、がごめ昆布を水に浸してできたとろみのある水をシンプルに化粧水に仕上げた「がごめ昆布化粧水」のほか、人にやさしく地球にやさしい植物由来の洗浄成分のランドリーリキッドなど幅広いジャンルのアイテムが人気を集めている。
    もっとみる
  • SHIROの店舗展開
    SHIROの店舗展開
    世の中を幸せにしたいという想いから、ブランドがスタートした北海道や関東を中心に国内28店舗、海外ではロンドンに3店舗とニューヨークに2店舗を展開してる(2020年5月現在)
    もっとみる

SHIRO(シロ) (シロ) の関連記事

年収アップの方法教えます!転職のプロに相談しよう