2015.10.28

【インタビュー】エステティシャンとして輝く

”エステティシャンのお仕事って憧れるけど、美容学校に行っていないから無理、長く勤めることが難しそう。”そう思っていませんか?
実は、女性が多い職場ということもあり、社内制度がすごく整っていたり、美意識が高い社員やお客様と接する機会が多いため、
すごく女性が働きやすい環境があるってご存知ですか?

今回は、大手エステティックサロン『sosie』で20年勤務されているエステティシャンにインタビューしてきました!
エステティシャンとしてのお仕事に誇りを持って、すごく楽しそうにお仕事について語って下さるお姿がとても印象的でした☆

ソシエ様ご入社の理由

美術大学出身だった私

@cosmecareer(以下、@):本日は、よろしくお願いします!
Aさん:よろしくお願いします!
@:早速ですが、ソシエさんにご入社されたきっかけを教えていただけますか?
Aさん:はい。私は美術大学出身でした。アルバイトをしながら過ごしていたのですが、23歳のとき、何となくそろそろ就職しなくちゃと思ったんです。
@:なるほど。そこで、エステ業界を選んだのは何故ですか?
Aさん:たまたま友人がダイエットしようとエステに行き、今では気軽に受けられる値段のメニューも増えましたが、当時はとても高い金額を提示されて帰ってきたという話を聞いたことを思い出したんです。

ダイエットのノウハウを働きながら身につけられると考えた

Aさん:そこで、ソシエに入社して、働きながらダイエットのノウハウを身につけられたら一石二鳥だと思って入社しました(笑)。
@:ちなみに、ご友人が行ったエステはソシエさんだったんですか?
Aさん:いえ、ちがいます(笑)。

今までに経験したメニュー

業界ではめずらしい《職種専科制》を導入

@:ソシエさんに入社されて、最初に経験されたお仕事は何ですか?
Aさん:ソシエにはたくさんの技術メニューがありますが、職種専科制をとっているため、一人のエステティシャンが最初から多くのメニューを技術することはありません。私はボディを学びました。
@:一つの技術に集中して極めていくことができるんですね。
Aさん:そうなんです。

お仕事の大変さ・喜び

そこに成功例があるという確信

@:大変なことも多いかと思うのですが、いかがですか?
Aさん:もちろん、ある程度の力は使いますので、必要最低限の体力は必要ですが、長くやっていくと身体の使い方が分かってきます。
また、ソシエには30年、40年通ってくださるお客様がたくさんいらっしゃいます。皆様とてもお綺麗で、先輩たちの技術の集大成という風に思います
。私たちもその技術を引き継いで、お客様たちを今以上にお綺麗に保たなくてはいけないという緊張感と、この技術をきちんと行っていけば、こんなに綺麗になれるんだという、そこに成功例があることによる自信と確信をもって日々お仕事に励むことができるのは、大きなモチベーションになります。

リーマンショックの時、「エステティシャンで本当に良かった」と心から思いました

@:毎日、良い刺激がある環境なんですね!Aさんは、20年も勤続されていらっしゃいますが、続けられているポイントはありますか?
Aさん:やはり、安心して働ける環境があるからだと思います。リーマンショックがあった年に、世間では残念なニュースも出ていた中、ソシエは誰一人と解雇することはありませんでした。私はちょうど育休から復帰するタイミングも重なり、心から「エステティシャンでよかった」、「ソシエでよかった」と思いました。

「ありがとう、あなたがいてくれて良かった」

Aさん:それから、何と言っても綺麗になってお帰りになるお客様に、「ありがとう、あなたがいてくれて良かった」と言っていただくことは、エステティシャンとしてとても嬉しいことです。人に喜ばれ、人の役に立っているという貢献を日々実感できる素晴らしい仕事だと思っています。

”そういう風に決まっている”ということが一切ない環境

@:「ありがとう」という言葉は、本当に嬉しいですよね。社内はどんな雰囲気ですか?
Aさん:スタッフ全員が協力的で、とても女性が働きやすい環境です。
特に子育て世代の女性への理解があり、保育園、小学校がお休みの時は、私の場合は完全にお休みです。
例えばシフト組みをするときも、「この日は出ていただけますか?」と必ず事前に聞いてくれます。”こういう風に決まっているから、そうしてくださいね”というような一方的なルールが一切ないく、とても居心地が良いです。

プライベートのお話(子育て、家事、休日の過ごし方)

冬は息子たちとスノーボード

@:最高の環境で充実された毎日を過ごしていらっしゃいますが、プライベートはいかがですか?
Aさん:プライベートは、息子たちと過ごす時間が一番長いです。夏は外で遊び、冬はスノーボードに行ったりと、一年中外にいることが多いですね(笑)。
@:え!でも、その美肌を保っていらっしゃるなんてすごいです!ぜひ、その秘訣を教えてください!

普段のお肌のお手入れ方法

お客様が教えてくれる方法でながら美容☆

Aさん:お客様が色々な美容法を教えてくださるんです。それを自宅で実行するんですが、なかなかお手入れだけの時間をとることは難しいですから、子供を寝かしつけながらお顔のマッサージをしたり(笑)。
@:なるほど、ながら美容法なんですね!しかも、お美しいお客様からの直伝ですから、絶対ですね!
Aさん:そうなんです。あとは、息子たちと外で過ごす時間も長いので、UVケアは念入りにするようにしています。

最後に~化粧ポーチは持ち歩きません~

今回の取材を通じて、エステティシャンの世界は女性にとってとても働きやすい環境が整っていますので、人を癒したい、ありがとうといわれるとうれしい、子育てしながら長く働きたい、美容が好き、いつまでもキレイでいたいという想いがある方は、ぜひ目指してほしいお仕事だと思いました。

Aさんに化粧ポーチを見せていただきたいとお願いしたところ、「化粧ポーチは持ち歩かないんです」と、さっそうと現場へ戻っていくお姿が、本当に素敵でした。ご協力いただいたAさん、ありがとうございました!

産休育休制度がある求人情報はこちらから!

関連するキーワード

あなたにマッチしたブランド教えます!アットコスメキャリア転職相談
履歴書不要!面接なし!未経験でも安心!充実のサポートではじめる美容部員