KOSE コーセー

『コーセー』は創業者 小林孝三郎の「人々に夢と希望を与える化粧品づくり」への情熱を込めて1946年に事業を開始。優れた品質の化粧品を一人ひとりに手渡しする気持ちでお届けするという強い信念が現在にも受け継がれている。お客様の多様なニーズにきめ細かく対応するため、多彩な価値観の個性豊かなブランドを展開。ハイプレステージブランドの「コスメデコルテ」や「ジルスチュアート」、プレステージブランドの「エスプリーク」や「アディクション」、コスメタリーブランドの「ヴィセ」などがあり、ブランドに合わせて、百貨店、化粧品専門店、大型GMS、ドラッグストアなど、幅広い販売チャネルを持つ。

■コーセーの求人傾向
2019年度では、1月入社と5月入社の募集実績あり。時期やエリアによって募集状況が変わるので、常にチェックしておこう。

KOSE (コーセー) で募集中の求人

現在、KOSE (コーセー) での募集はありません。
募集開始時に通知を受けるには、募集開始お知らせを登録してください。

募集開始お知らせ

KOSE (コーセー) のブランド情報

  • コーセーの考える美しい肌とは?
    コーセーの考える美しい肌とは?
    コーセーは次の3つの条件の肌を美しいとしている。
    1.清潔で、なめらかである。 
    2.うるおいに満ちていて、透明感がある。 
    3.しなやかな弾力とハリがある。
    コーセーはこの条件を満たす肌を目指し、ブランド展開や製品、新らしい美容法を生み出し続けている。
    もっとみる
  • 30年以上のロングセラー『雪肌精』
    30年以上のロングセラー『雪肌精』
    コーセーの美白ブランドである『雪肌精』。ブランドがデビューした1985年当時から変わらない、美しい瑠璃色のボトルデザインが特徴である。30年以上経った今でも、美白信仰の強い日本女性に愛され続け、親子代々使い続けている家庭も珍しくない。和漢植物エキスが含まれる化粧水はキメ細かく、みずみずしい透明美肌にみちびいてくれる。
    もっとみる
  • KOSÉの美を体験する新しいコンセプトストア
    KOSÉの美を体験する新しいコンセプトストア
    2019年12月、銀座に「Maison KOSÉ(メゾンコーセー)」が誕生。コーセーが展開するさまざまなブランド商品を取り揃え、デジタル技術を活用した、メイクや美容の新しい体験を提供している。日本初上陸のメイクブランド『tarte(タルト)』の展開や、ブランドの垣根を超えたカウンセリングサービスなど、コーセーならではの体験を楽しむことができる。
    なお、メゾンコーセーの美容部員の採用はアットコスメキャリアのみで行っているので、興味のある方はアットコスメキャリアをチェックしておこう。
    もっとみる
  • コーセーが極めた逸品『ONE by KOSE』
    コーセーが極めた逸品『ONE by KOSE』
    70年以上もの歴史を重ねてきたコーセーが、長い年月のなかで積み上げた技術力と研究力のすべてを結集させた「 ONE=唯一無二」のブランド。シワ改善の効能が認められた『ザ リンクレス』や、速攻でシミのもとを無色化する『メラノショット』など、高い効能を持つスキンケアラインとして支持を集め、数々のビューティーアワードを受賞している。
    もっとみる
  • 個性豊かなアウト・オブ・ブランド
    個性豊かなアウト・オブ・ブランド
    『JILLSTUART(ジルスチュアート)』『ADDICTION(アディクション)』『Awake(アウェイク)』などもコーセーブランドではあるが、コーセーの名前を一切表示しない「アウト・オブ・ブランド」戦略を取っており、百貨店を中心に展開している。なお、採用は各ブランドごとに行っており、新規出店や欠員による募集が出ることが多い。
    もっとみる
  • インバウンドにも人気の高い『コスメデコルテ』
    インバウンドにも人気の高い『コスメデコルテ』
    ハイプレステージブランドとして誕生した『コスメデコルテ』。導入美容液ブームの火付け役となった「モイスチュア リポソーム」は2009年@cosmeベストコスメ大賞 殿堂入りした逸品。また、「ルースパウダー」は@cosmeベストコスメアワード2019 @cosme STORE 上半期新作ベストヒット賞 第1位を受賞するなど、国内外から根強い人気を誇る。
    もっとみる

KOSE (コーセー) の関連記事

年収アップの方法教えます!転職のプロに相談しよう