2022.09.15

美容部員・BA志望の学生が知っておくべき情報まとめ♡美容部員になるために必要な学歴や進路の決め方

百貨店や化粧品専門店などでメイクをしたり、お客様の悩みをカウンセリングし悩みや疑問に寄り添ってアドバイスをしたり、さまざまな化粧品の販売をする美容部員・BA(ビューティアドバイザー)のお仕事。コスメに囲まれて働ける、美容好きにはたまらないお仕事ですよね♡
この記事では、そんな美容部員・BA(ビューティアドバイザー)を目指す学生が知っておくべき情報を集約。「高校生でも美容部員のお仕事をすることはできる?」「美容部員になるために必要な学歴って?」「高校卒業後の進路はどうすればいい?」など、美容部員志望の学生の疑問にお答えします!

高校生も美容部員・BA(ビューティアドバイザー)になれる?高校生が化粧品販売に携わる方法って?

美容部員・BA(ビューティアドバイザー)の求人は、学生OKのアルバイトでも、高校生は応募できない場合がほとんど。高校在学中に美容部員になるのは基本的に難しいかもしれません。高校在学中に美容部員になることはできなくても、ドラッグストアやバラエティショップのアルバイトをすれば化粧品販売に携われることも。接客販売経験者は美容部員・BA(ビューティアドバイザー)の選考でも歓迎される傾向にあるので、「とにかく化粧品販売のお仕事をしてみたい!」という方は、コスメのお取り扱いがあるドラッグストアやバラエティショップのアルバイトをチェックしてみる価値アリです♪

美容部員・BA(ビューティアドバイザー)になるために必要な学歴は?

美容部員・BA(ビューティアドバイザーの多くは、高卒以上で応募可能。美容部員・美容業界の求人サイト「アットコスメキャリア」に現在掲載中の美容部員求人のほとんどが高卒以上で応募可能で、学歴不問の求人も!基本的に高校を卒業していれば美容部員になるための学歴はクリアしていると言えます。
ただし、美容部員・BAの新卒採用は美容部員、専門学校卒・短大卒・大卒を対象にしたものがほとんど。化粧品メーカー大手3社(株式会社資生堂・株式会社コーセー・日本ロレアル株式会社)の2023年卒美容部員採用の応募資格はいずれも専門学校卒以上でした。つまり、新卒採用で美容部員・BAになれるのは基本的に専門卒以上なのです。

高卒で美容部員・BA(ビューティアドバイザー)になる方法

高卒の方が美容部員になる方法は2つあります。

1つ目は、高卒OKの美容部員・BA(ビューティアドバイザー)求人に応募し、ファーストキャリアで美容部員・BAを目指す方法。ただし、中途の方がライバルとなるので難易度は高いと言えるでしょう。
もう1つは、一度他の企業・職種に就職してから転職で美容部員を目指す方法。ただし、コロナ禍で美容部員・BA(ビューティアドバイザー)の採用市場は大きく変化し、競争率が上がったことで、未経験からの美容部員転職のハードルは上昇中。これまでは求職者側が企業やブランドを選ぶ売り手市場でしたが、今は企業側が採用人数を制限していたり、採用基準を上げている影響で企業が求職者を選ぶ買い手市場に転じつつあるのです。

新卒では他の企業・職種で就職し、転職で美容部員・BA(ビューティアドバイザー)を目指すなら、アパレルや宝飾品の販売など対人接客の経験を積めるお仕事がオススメ。特に百貨店での販売経験や高級商材を扱った経験のある方は、タッチアップ未経験でも美容部員・BAの採用で優遇される傾向にあります。

美容専門学校?四年制大学?進路はどうやって決める?

では、進学する場合、進路はどのように決めたらいいのでしょうか。美容専門学校と四年制大学、それぞれに進学するメリットをまとめてみました。

美容専門学校

肌理論やメイクアップスキルなど、美容部員・BA(ビューティアドバイザー)として活躍していくために求められる知識を2年間でしっかり身につけられる美容専門学校は、「将来は絶対に美容部員・BA(ビューティアドバイザー)になりたい!」という意志がはっきりしている方にオススメ。美容の専門知識を習得できるのに加え、美容部員・BAを採用したい企業が学内で説明会を開催してくれるなど、学校側の就職サポートが手厚いのも魅力♡最短距離で確実に美容部員になりたい方にぴったりの進路だと言えるでしょう◎

四年制大学

美容部員・BA(ビューティアドバイザー)として働く上で役立つ専門知識をイチ早く学べる専門学校に対し、自分が興味を持った分野を4年間かけて幅広く学ぶことができる大学は、卒業後の選択肢の幅が専門学校に比べ多いのが特徴。例えば、化粧品メーカーの新卒採用の多くは、美容部員が専門卒以上、総合職は大卒以上と制限を設けています。美容部員に進路を絞らず「化粧品に携わる仕事がしたい」と漠然と考えている方は、大学に進学し、進路の選択肢を増やすのがベターでしょう。

また、大卒の美容部員は専門卒の同職種の方に比べ、初任給が高くなる傾向が見られます。以下は日本の系商品メーカー大手3社の新卒美容部員の初任給の例です。

<花王グループ>
・大卒:月給185,000円~200,000円
・短大・専門卒:月給172,000円~187,000円

<株式会社資生堂>
・大卒:年収3,680,000円
・短大・専門卒:年収3,560,000円

<株式会社コーセー>
・大卒:月給191,400円~207,400円
・短大・専門卒:月給184,400円~200,400円

アットコスメキャリアは美容部員・BA志望の学生さんを本格的にバックアップします★

美容部員への転職・就職応援セミナー

アットコスメキャリアでは、美容部員・BA(ビューティアドバイザー)を目指す専門学生・大学生向けにスタートアップや自己分析、面接講座など就活に役立つセミナーや転職相談を行っています!ときには人事担当者から『美容部員のお仕事』や『求める人物像』などを直接聞ける貴重な機会も★
元美容部員、メイクスクール講師をはじめ経験豊富なキャリアカウンセラーが、みなさんの就職・転職活動をお手伝いします。
セミナーの日程は順次公開されるので、こちらもこまめにチェックしてみてくださいね。

美容部員・BA(ビュティーアドバイザー)のことをもっと知りたいあなたへ

「美容部員のお仕事についてもっと詳しく知りたい」「企業に直接聞きにくいけど、お給料が気になる」「面接ではどんなことを聞かれるの?」など、美容部員就活のお役立ち情報を記事にまとめています。あわせて、読んでみてくださいね♪

あなたにマッチしたブランド教えます!アットコスメキャリア転職相談
履歴書不要!面接なし!未経験でも安心!充実のサポートではじめる美容部員