2019.05.24

百貨店、化粧品専門店、ドラッグストアなど、美容部員が活躍する場所や働き方を徹底研究!

美容部員と言えば百貨店カウンターでの化粧品販売をイメージするかもしれませんが、実は働き方や仕事内容は多種多様。百貨店や化粧品専門店、コスメセレクトショップ、ドラッグストアなど、それぞれの特徴と魅力をお伝えします。接客・販売スタイルはもちろん、美容部員として関われる仕事内容も異なります。
比較してイメージしてみることで、あなたにぴったりの美容部員求人に出会えるかもしれませんね。

美容部員が活躍する場所とは

美容部員というと、百貨店の化粧品売場をイメージする人も多いかと思いますが、実は百貨店以外にもたくさんあります。最近では、電話やWEBを使ったカウンセリングもあり活躍の舞台はますます拡大。美容部員が求められる世界は着実に広がっています。
それでは、早速、代表的なものをご紹介!

1.百貨店

美容部員=百貨店、と多くの人がイメージするのではないでしょうか?美容部員が活躍する場の代表格は百貨店といっても良いでしょう。もちろん、就職先のブランドの商品のみ扱います。
百貨店カウンターでは、値段がハイクラスなものが多いため、主なお仕事はカウンセリングなどの接客が中心。お客様の要望や悩みをしっかり聞いた上で接客ができます。しっかりとした言葉遣いや立ち居振舞を求められることも。
メイクやカウンセリングを通じて、お客様をキレイにするのはもちろん、お客様一人ひとりにしっかりと向き合った接客スキルを磨きたい!という方には、百貨店でのお仕事がぴったり!

2.化粧品専門店

百貨店に続き、化粧品専門店も人気の職場のひとつ。専門店には、カウンセリング化粧品からセルフ化粧品まで、国内の様々なブランドのアイテムが幅広く集結! 街中や駅チカのショッピングビルなどで、利用したことのある人も多いのではないでしょうか。専門店でのお仕事は、接客だけでなく、店頭の商品配置やイベントを考えたり、ポップを作成したりと、お店作りに関わる機会がたくさん♪
化粧品販売に関わる店舗作りの業務もやってみたい、アイデアや発想を活かしたい、と思う方には化粧品専門店が向いているでしょう。

3.コスメセレクトショップ

ここ数年、続々とオープンしているのが、「コスメセレクトショップ」という新しいスタイルのお店。化粧品専門店と同じように、複数のブランドがひとつの店舗にラインナップされていますが、セルフコスメから百貨店取り扱いのブランドのアイテムまで取り揃えているところが特徴。カウンセリングを受けて購入したい方、ご自身でゆっくり選びたい方、どちらのお客様にも対応できるお店です。
ブランドの垣根を越えてお客様をキレイにしたい、新しいことにどんどんチャレンジしていきたい、そんな方はセレクトショップを選択肢に入れてみると良いでしょう。

4.ドラッグストア

ドラッグストアには、百貨店取り扱いのブランドから、セルフコスメはもちろん、ヘルスケア分野のアイテムも勢揃い。たくさんのアイテムに触れられる上、お客様の年齢層も幅広いため、商品知識やコミュニケーション能力をマルチに高めていけると言えるでしょう。最近では、美容分野に力を入れている店舗もあり、エステやメイク、ネイルなどのサービスを行っているところも♪サプリメントや漢方、さらには入浴剤なども組み合わせて自由に美の提案ができます。
美容の知識を高めつつ、地元で働きたい、そんな方はドラッグストアの求人をチェックしてみましょう。

最後に

一言で美容部員といっても、いろいろな働き方があります。どんな接客ができるようになりたいかなど働き方からお仕事を選ぶのも大切です。

なお、アットコスメキャリアでは、元美容部員のキャリアアドバイザーが在籍していいます。あなたのイメージにぴったりの化粧品専門店探しはもちろん、面接対策などの転職相談も直接できちゃいます♡(要予約)ぜひお気軽にご活用ください!

あなたにマッチしたブランド教えます!アットコスメキャリア転職相談
履歴書不要!面接なし!未経験でも安心!充実のサポートではじめる美容部員