2017.06.01

コスメやメイクが好きなだけではダメ?「美容部員」に向いている人ってどんなタイプ?

メイクやコスメが好きだけど、どんな性格の人が向いているんだろう?私には向いていない?そんな不安を抱える方のために、美容部員に“向いている人”のタイプを元美容部員に聞きました!

美容部員に向いている人ってどんな人?

化粧品の販売を通して、お客様にキレイを提供する美容部員。お客様の希望や悩みをカウンセリングで引き出して、ぴったりの化粧品を提案するお仕事です。同時に、商品の陳列や店頭の清掃など、お客様に気持ち良く来店して頂ける売り場作りなども行います。

そんな化粧品メーカーの「顔」とも言える美容部員に憧れを持つ人はたくさんいると思いますが、美容部員に「向いている人」ってどんな人?元美容部員に聞きました!

美意識が高い!

ブランドの「顔」である美容部員は、自分自身の身なりをキレイに整えることもお仕事のひとつ。外見だけでなく、店頭に出ているメイク道具(テスター)をキレイな状態に保ったり、こまめにお掃除したりすることも大切です。こういったことも楽しめる美意識の高い人は、現場から歓迎されますよ!

トレンドに敏感!

次々と期待の新製品が登場するように、化粧品業界のトレンドは時代ともにめまぐるしく移り変わっています。美容部員も研修でメイクやスキンケアのトレンドを学んでいますが、ファッションのトレンドからメイクアップのトレンドが生まれることもあるため、もともと流行に敏感な人は強みになります!また、美容感度の高いお客様は流行もいち早くキャッチしているため、売り場で会話が弾むきっかけにも。

ポジティブで前向きな発想ができる人!

お客様の悩みを引き出し、それを解決するポジティブな提案をすることが美容部員のお仕事。お客様のお悩みを解決するためには、自分がポジティブで前向きな発想をすること。どうしたらお客様に喜んでいただけるか?といった発想を普段から心掛けることも大切。

人が好きで、共感能力が高い人!

友達と話しているときに「楽しい・嬉しい・悲しい」といったキモチを共感できる人は、美容部員に向いています!お客様の悩みや希望に共感しながら、一人ひとりに合わせた美を叶えて差し上げるのが美容部員のお仕事。人が好きで、相手の気持ちを汲み取れる人は現場で強いものです。
逆に、人の悪いところばかり目についてしまう人は、相手の良いところや魅力を見つけられるように心がけてみましょう。たくさんのお客様や仲間と接しながら働くため、欠点ばかりが目に付いてしまうと、お仕事が楽しめません。

チームワークを大切にできる人!

美容部員はお客様への接客のイメージが強いかもしれませんが、実は売り場でのチームワークは超重要!全員がバリバリ販売というよりも、サポート役や細かいことに気がつく人、事務作業が得意な人などがそれぞれ連携・協力することで、良いお店作りにつながります。しかも、仲間とチームワークを発揮しながら働く方が楽しさも倍増♪
自分でバリバリ売上を上げることも大切ですが、良いお店作りには仲間との連携が欠かせません。

あなたはどうでしたか?

以上が、元美容部員に聞いた「美容部員に向いている人」の特徴。

ちょっと自信がないかも・・・と思った方もいるかもしれませんが、人には誰しも苦手なことがあるものです。でも、「化粧品が好き!」、「人が好き!」というキモチがあれば、きっと自分の欠点も乗り越えていけると思いますよ!
マイナスな表現をプラスに変える方法など、うまい自己PRの仕方はこちらを参考に♡

この他にも、美容部員の裏話を聞いてみる?!

アットコスメキャリアでは、元美容部員のキャリアアドバイザーが在籍しています。無料相談会では、美容部員時代の自身の経験を踏まえ、転職のアドバイスをしています!
ほかにも美容部員のこと、ブランドによる違い、業界の裏話などなどなんでも聞いてくださいね♡

以下から予約して、ぜひご活用ください!