KIEHL’S SINCE 1851 キールズ

■キールズの求人・採用の傾向
『KIEHL’S SINCE 1851(キールズ)』では、KCR(Kiehl's Customer Representative)と呼ばれる美容部員・化粧品販売職の募集が2ヶ月に1度、求人サイト等で行われる傾向がある。全国もしくは一部のエリアで、一斉に求人募集がかかることが多い。入社日は柔軟に相談可能。

160年前にニューヨークでアポセカリー(調剤薬局)として創業。ロレアルグループのスキンケア、ボディケア、ヘアケア製品を展開するブランド。天然由来成分を配合した高品質な製品は現在約52カ国、約1,500店舗にて提供されており、日本には2008年に上陸した。

KIEHL’S SINCE 1851 (キールズ) で募集中の求人

東京・名古屋

美容部員・BA/ショップスタッフ

月給20万4,100円 ~ ほか

KIEHL’S SINCE 1851 (キールズ) のブランド情報

  • キールズの歴史
    キールズの歴史
    キールズは、ニューヨークのライフスタイルに欠かせないブランドであった。その理由は、キールズの「サービス精神」。店頭のバックステージで商品のサンプルをお客様に合わせて配合し、それを試してから購入するという試供品のシステムをつくりあげたこと。アポセカリー(調剤薬局)として、一人ひとりのお客様に向き合い、築いてきた信頼が今日のキールズを支えている。
    お客様の声を製品の開発・研究に活かすというマーケティング発想や、カウンセリングによって何を選び、どう使ったらお客様にとってベストなのか、それをフォローする接客スタイルは、アポセカリー時代から引き継がれるキールズのDNAである。
    もっとみる
  • キールズのブランドコンセプト
    キールズのブランドコンセプト
    キールズの経営者は、バックヤードで調合したサンプルや購入前にまずは試してもらうことなど、お客様とのパーソナルな関係を築くことを最も尊重していた。今に引き継がれるキールズの理念「購入前にまずは試して! Try Before You Buy」はここから始まっている。全てのお客様が楽しめるように考えられたユニークな内装から接客、サービスに対する心がけまで、現在のキールズの美容部員に受け継がれている。単に商品を売るのではなく、お客様との会話を楽しみ、一人ひとりの悩みに寄り添える姿勢は、求人の際にも求められている。
    もっとみる
  • キールズの求める人物像
    キールズの求める人物像
    キールズの美容部員に求められることは、KCR(キールズ顧客担当)として、ただ商品を販売するだけではなく、お客様に健康的で美しい素肌づくりをアドバイスをすること。「化粧品販売=無理なセールス」というイメージを捨て、キールズの世界観や、お客様とのコミュニケーションを楽しめることが大事である。そのため、コミュニケーション力の高さやフレンドリーな接客が求められる。ノルマはないが、インセンティブの支給があるため、目標達成に向けて意欲高く取り組む姿勢を持ち、お客様と楽しみながら成長できる人がキールズの美容部員には向いているといえる。
    もっとみる
  • キールズの出店状況
    キールズの出店状況
    キールズは、店頭での対人販売を基本としており、ルミネやパルコなどの商業施設や百貨店を中心に全国で37店舗(2018年6月現在)を展開。直営店は、三宮、原宿、銀座の3店舗。世界では、約52カ国、約1500店舗に展開している。まるでアメリカの実験室のような店内に、目を引くネオン。1世紀以上の歴史あるブランドでありながら、ポップさと遊び心を忘れない独特な世界観が特徴。店頭には「Mr.ボーンズ」と呼ばれるガイコツ人形がディスプレイされており、これは調剤薬局時代にガイコツ人形を使って症状やからだの仕組みを詳しく説明していたなごり。「包み隠さずにきちんと説明する」という想いを込めて、店頭に飾られている。
    もっとみる
  • キールズの取り扱いアイテム
    キールズの取り扱いアイテム
    キールズの取り扱いアイテムは、科学、薬学、ハーブの知識を基に天然由来成分を配合したスキンケア、ボディケア、ヘアケア製品。キールズは、初めて男性用化粧品を提供したといわれているメンズコスメのパイオニアでもある。新商品は年に10回以上発売。常に新しい商品があるため、常に新しい環境で働けるのが特徴。「商品を試していただければ、必ず買いに来てくださる」というシンプルなモットーを掲げ、年間でお客様に配布するサンプルは全世界で850万個。これは一般的な企業が広告費にかける額以上といわれている。KCRは、キールズの広告塔としての大切な役割も担っている。
    もっとみる
  • キールズの代表商品
    キールズの代表商品
    キールズの代表商品といえば、「クリーム UFC」。グリーンランド登頂を目指す登山家チームをサポートするために誕生し、「極寒の地でなくてはならないクリーム」だと絶賛され、注目を浴びた。現在では、8秒に1個売れるほど世界中で愛されている。2017年には、「キールズ クリーム UFC」と自閉症スペクトラム(ASD)の子供とその家族を支援するチャリティー活動を行った。1世紀以上前から、地域社会に貢献することを使命として様々な社会貢献活動を展開。震災復興への長期的支援をはじめ、さまざまなキャンペーンを実施している。接客販売だけでなく、こういった社会活動にも共感して、キールズの求人に応募する人も数多い。
    もっとみる

KIEHL’S SINCE 1851 (キールズ) の関連記事

自分に合うブランドわかる!転職のプロによる転職相談へ