shu uemura シュウ ウエムラ

幼い頃から絵画、音楽など芸術方面の才能に秀でていたシュウ ウエムラ創始者・植村 秀。1950年にはハリウッドに渡り、メイクアップアーティストとしての活動をスタートさせる。”My geisha(マイゲイシャ)”という映画をきっかけにこの映画に参加予定だったメイクアップアーティストの代わりに参加したことによってその名を一躍世に知らしめ、数多くのハリウッド女優に指名を受けた。
ハリウッド映画に参加している時に「アンマスク」と出会う。これは、メイクという仮面を取り除く、美しい自分の素肌に自信が持てるという意味である。これまでメイクをオイルで落とす習慣の無かった日本にオイル洗顔の素晴らしさを伝えた。肌が自ら行うことができない洗浄を担い、落としきれない汚れを洗い流してくれる。シュウウエムラによる努力によって徐々にオイル洗顔が浸透していき、オイルクレンジング愛好者の数を増やしていったと言われる。

shu uemura (シュウ ウエムラ) で募集中の求人

札幌・東京・横浜・名古屋・大阪・鹿児島

美容部員・BA/メイクアップスタイリスト

月給20万4,100円 ~ ほか

shu uemura (シュウ ウエムラ) のブランド情報

  • 日本初のメイクアップアトリエ
    日本初のメイクアップアトリエ
    1965年に日本で初めてメイクアップアトリエを開催。メイクアップそのものを単純に楽しんでもらいたいというシュウウエムラの願いによるものである。ハリウッド式のメイクアップアトリエは自分の目で実際にコスメに触って確かめることができる、これまでにない新しい方法でメイク業界に革新を起こした。現在表参道にはメイクアップスクール「ラーニング アトリエ」もオープンしている。ここではプロのメイクアップテクニックが一般の人に向けて提供されている。
    もっとみる
  • シュウウエムラのコンセプト
    シュウウエムラのコンセプト
    “美しいメイクアップは美しい素肌から始まる。”というコンセプトによってつくられた。1983年、表参道に「シュウウエムラビューティブック」一号店がオープン。商品を自由に試せるメイクアップコーナーや、その斬新な店内の構想はメイク業界の人々を驚かせた。また1960年からシュウウエムラは一貫として”モード”に注目し、発信し続けている。メイクをただのトレンドとして捉えず、シュウウエムラが得意とするアートとメイクアップを融合したその独特な世界観は世界中で高い評価を受けている。
    もっとみる
  • 『長所』を生かすメイク技術
    『長所』を生かすメイク技術
    海洋深層水をはじめとした自然の英知を生かした革新的なスキンケア、プロの厳しい要求に応える高品質のアクセサリー。そして欠点を隠すのではなく、長所を生かして、ひとりひとりの美しい個性を引き出すメイクアップ。他にはけっして真似のできない独創的なアイテムたち。シュウ ウエムラは、「自然、科学、アート」の融合をコンセプトにシンプル&リッチな製品を続けている。時代の常識に囚われない、前進的なシュウウエムラの作り上げるメイク製品は必見である。
    もっとみる
  • 伝統を引き継ぐメイクアップアーティスト
    伝統を引き継ぐメイクアップアーティスト
    「シュウウエムラ インターナショナル アーティスティック ディレクター」である打出角康は、「アーティストの創造性は異文化、他流との交わりで創られる」というシュウウエムラ創設者・植村秀の言葉を受け、tumori chisatoなどのコレクションのメイクアップを手がけ、VOUGEなどの海外雑誌でも活躍している。「シュウウエムラ インターナショナル チーフ メイクアップアーティスト」である浅野裕司は、映画や舞台など特殊メイクアップアーティストとしてスタートし、植村秀にその能力の高さを見初められ1989年に入社。メイクアップコンテストの審査を務めるなど植村秀の意思を後輩にも多く受け継いでいる。
    もっとみる

shu uemura (シュウ ウエムラ) の関連記事

自分に合うブランドわかる!転職のプロによる転職相談へ